Mastodon のウリって自分で自分用のインスタンスをこさえることができてそれらを連合させることでいい感じになるみたいなやつだったと記憶していて、でかいインスタンスにユーザが集中してそこに閉じるってのは本来目指したい姿だったのかしらん
誰でもインスタンスをこさえて運用し続けられるほど Mastodon は簡単ではないというのは確かにそうだとは思う

PostgreSQL と Ruby まわりを Arch 公式で降ってくる最新のやつに更新した

ここで linux-lts を使うことにした動機は bbs.archlinux.org/viewtopic.ph によるものということを補足しておく

Show thread

cdn.kernel.org/pub/linux/kerne にはまだ修正コミットがはいっていないようで linux も linux-hardened でもまだ治ってないっぽいので linux-lts を使いお茶を濁すことにした

今月初めくらいから linux と linux-hardened で外部ディスプレイを GPD Pocket に繋ぐと GPD Pocket 側のディスプレイが死んで困っていたのだが、どうも gitlab.freedesktop.org/drm/int を踏んでいたっぽい

その兼ね合いか github.com/mastodon/mastodon/p で追加された機能の追随ができてなくて一時 HTTP 500 が出まくってたが、yarn install と assets:precompile を何度かやって復活したっぽい

手元に如何なる差分があろうとも毎日昼に強制的に main に checkout して git pull するようにしているが、どうもこれがうまくいっていなかったようで、5月くらいからコードベースが更新できてなかった

akonadi あたりが 22.04.2-1 になったためか

今日の pacman -Syu で akonadi が死ぬようになった。どうやら bugs.kde.org/show_bug.cgi?id=4 らしい

酔っ払ってるときほどパソコンのトラブルを踏みがちで、今日は systemd-boot がイカれた。Arch の ISO を焼いてあった USB メモリから起動して chroot して bootctl update で解決

gst-plugin-pipewire
pipewire
pipewire-alsa
pipewire-media-session
pipewire-pulse
pipewire-v4l2

がはいって初めてマトモに動くな。一番最後は Web カメラで必要

Tusky から Mastodon 公式のクライアントに乗り換えた。アイコンを GIF アニメにしてたの半ば忘れてたんだが公式クライアントだとものすごい速さでアニメーションが進行していてひたすらウケてる

Show older
mastodon.sngsk.info

mastodon on sngsk.info